ニュースブログJAPAN

海外ニュースの紹介と、日本のニュース論評




チケット制のオンライン英会話

民主 補正予算 原則全面停止

民主党が2009年度補正予算のうち、未執行分を原則全面停止する方針を固めた。
民主、補正予算を原則全面停止…未執行分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090903-00000522-yom-pol

民主党は3日、政権発足後の2009年度予算執行について、補正予算の一般会計総額13兆9256億円のうち、未執行分の予算の執行を原則として全面停止する方針を固めた。


ちょー、ちょー、ちょー。景気対策のための補正予算を全面停止って・・・ものすごくやばいんですけど。

先月発表されたGDP成長率はようやくプラスに転じましたが、それは、補正予算による底上げが原因でした。今の不況の中、補正予算を凍結すれば、また、景気は転落するでしょう。

景気を回復させるためには、実のところ、政府支出の額自体が重要であって、その使い道はなんでもかまいません。なぜなら、政府支出額がそのままGDPに自動的に換算される上、政府が支出したお金は、誰かの収入になり、それがまた支出されることにより、GDPが増大していくからです。

それを、未執行分全面凍結して、来年度の予算に充てるなんていうのは、経済がわかっていない証拠です。

さっき、鳩山代表に期待するなんて記事を書きましたが、これは、本当に、危惧していたことが本当になってきたような気がします。民主党が政権にある間、日本は、景気回復しないかも。

チケット制のオンライン英会話ならPEN


日米金利差と円高

円高が進んでいる。

<東京外為>円買い進み、一時91円台後半
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090903-00000028-mai-brf

 3日の東京外国為替市場は、米景気の回復期待が後退してドル売り・円買いが進み、円相場は一時、1ドル=91円94銭まで上昇した。91円台は7月13日に海外市場でつけて以来、約1カ月半ぶりの円高水準。


為替相場は様々な要因で動くので、確実に相場を予想する方法なんてないし、それができれば世界一の大富豪になれる。

但し、二国間の金利差は、中期的な為替水準を決める一つの要因だ。

日本の金利が低く、アメリカの金利が高ければ、投資家(銀行などを含む)はアメリカ国債を購入するなどして資金を運用したほうが、儲かる。アメリカ国債を購入するには米ドルが必要となるので、投資家は日本円を売って、米ドルを買う。これにより、円安・ドル高が進む。

日本とアメリカの金利差がなければ、アメリカで資金運用するメリットはないので、円安にはならない。

現在の状況はどうかというと、昨年のリーマンショックに始まる世界金融危機、世界同時不況により、各国政府は金融緩和を行い、金利を極限まで下げた。日本の金利は長らく低いままだったので、日本とその他の国の金利差がほとんどなくなったといえる。

今は、日本と他の国の金利差がないので、わざわざ日本円を売って、海外で資金運用しようという動機が生まれない。つまり、円安になる理由が見当たらないのだ。

以上が各国の金利差から見た、為替相場の説明である。



民主党・鳩山代表、アメリカ・オバマ大統領と電話会談

民主党の鳩山由紀夫代表がアメリカのオバマ大統領と初の電話会談をしたというニュースだ。


民主党・鳩山由紀夫代表はアメリカのスタンフォード大学で博士号を取得した研究者だから、英語は通訳を通さずに直でやりあえるだけの力があるだろう。

鳩山由紀夫代表はスタンフォード大学ではオペレーション・リサーチを専攻した。オペレーション・リサーチとは、ある目的を達成するのに、最も効率的な方法は何か?を数学的に研究する学問分野であり、その成果は、企業の経営や政府の政策作りに生かされている。

但し、日本の政治は政治家の腹芸で決まってしまうので、鳩山由紀夫代表にとっては歯がゆいのではないだろうか?

果たして、民主党政権になった後は、鳩山由紀夫代表のオペレーション・リサーチの手法に基づき、政府の政策を合理的に立案し、効率的に実施できるのか、期待をこめて見守って行きたい。



記事検索
livedoor プロフィール
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ