ニュースブログJAPAN

海外ニュースの紹介と、日本のニュース論評




チケット制のオンライン英会話

2010年03月

私のしごと館 廃止

私のしごと館の閉鎖が決まったのだとか。

「税金の無駄遣いの象徴」といわれた関西文化学術研究都市の職業体験施設「私のしごと館」(京都府精華町、木津川市)が31日に閉館する。所管する厚生労働省は今夏にも入札を行って建物を売却する方針だが、景気が低迷する中で甲子園球場の総面積に匹敵する施設の引き受け先が見つかるかどうかは不透明。地元自治体や学研都市の関係者からは「巨大な幽霊屋敷になる恐れもある」と懸念する声が出ている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000058-san-soci


そもそも筆者はそんな施設の存在さえ知らなかったが、ちょっと調べてみると、「私のしごと館」の目的は「世界最大級の職業総合情報拠点として、失業予防のための若年者への職業意識啓発(職業教育、キャリア教育)を目的とする各種事業を実施する」ことなのだとか。

これは酷い・・・・

そもそもこのところの若年失業率は10%に上っている。失業率とはいつでも働く意欲があり、仕事を探しているにも関わらず働けない人だけをカウントしているわけで、今の日本社会、働きたくても働けないことこそが問題だというのがわかる。

しかし、この「私のしごと館」が目的としていたのは雇用の拡大ではなく「若年者への職業意識の啓発」である。つまり、最近の若者は働く意欲がなくて困るという認識が背後にあるのはみえみえだ。

問題なのは、若者に雇用を提供できない企業、そして政府である。それを若者の職業意識に責任転嫁し問題解決を図ろうとしたのだから、初手から間違えていたと言わざるを得ない。そんな、間違えた処方箋を実施する施設、役に立たなくて当然だ。

そして、「私のしごと館」建設に費やされた費用が581億円だとか・・・・

もちろん、この581億円は公共事業であり、誰かの所得になったと考えれば無駄ではなかったという判断もできるのだろうが、しかし、付加価値を生まない「無駄な公共事業」に費やされた税金はGDPを向上させない(厳密には581億円×消費性向分だけGDP向上)。だったら、最初から581億円を徴収しないか、国民に分配していれば済んだ話なのだ。それで、経済効果は同等になるから。

それにしても、こんな思いつきレベルの杜撰な施設に581億円も使っていたなんて驚きだ。

チケット制のオンライン英会話ならPEN


白鵬全勝優勝でも・・・

大相撲春場所は白鵬が全勝優勝した。
白鵬、5度目の全勝=大相撲春場所

大相撲春場所千秋楽、白鵬が日馬富士を上手投げで倒し、2場所ぶり13度目の賜杯を獲得した。優勝回数は輪島の14度に続き歴代単独7位。全勝5度は朝青龍に並んだ。把瑠都は琴光喜を寄り切り、4大関を全員破って14勝1敗。最近3場所で35勝し、場所後に大関昇進が決まる。琴欧洲は魁皇を寄り倒して10勝。日馬富士も10 勝した。十両優勝は木村山。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000057-jij-spo

しかし、そもそもが白鵬に唯一対抗できる朝青龍を相撲協会はやめさせてしまったのだから、白鵬が優勝してあたりまえ。何の面白みもない。本当に強い力士は「礼儀正しさ」を欠くという理由で追放してしまい、相撲はどんどん格式ばっただけの、歌舞伎みたいなものになってしまったんだね。



トヨタ採用ゼロ

とうとう世界のトヨタが来年度の一般職採用をゼロとした。
トヨタ、「一般職」採用ゼロ

トヨタ自動車は9日、2010年度の採用計画を発表した。一般職に相当する業務職の採用をゼロ(前年度実績143人)とする一方、業務職以外の採用は世界的な不況で抑制した前年度の実績(1233人)とほぼ同水準の1200人とした。トヨタが業務職の採用を見送るのは、データが残る1982年以降で初めて。
 同社は、今回の採用計画について「中長期的な競争力の維持向上に向けたさまざまな観点から慎重に検討、策定した」と説明している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100309-00000210-jij-bus_all 

デフレ不況はますます深刻度を増しているようである。

あの天下のトヨタが来年度の一般職採用をゼロとした。これでただでさえ冷え込んでいる就職戦線もますます厳しいものとなるだろう。

昨年夏には自民党から民主党政権に替わり、公共事業費の大幅削減など不況の深刻度が益々増す政策が次々と打ち出されたが、そうしたなかでエコ減税政策により支えられてきたトヨタでさえ採用数を削減するという深刻な事態に陥っている。もちろん、主力車レクサスやプリウスに見られるたび重なる不祥事が状況を悪くしたとも言えるが、日本を代表する世界的企業トヨタの一般職採用ゼロというのは社会的にも大きなインパクトがあるものと考えられる。






記事検索
livedoor プロフィール
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ