表現の自由はどうなってしまったの?
愛煙家おじいさん登場、児童誌が販売中止に
福音館書店(塚田和敏社長)は28日、月刊「たくさんのふしぎ」の2010年2月号として発売した「おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり」(文・絵、太田大輔)を販売中止にすると、ホームページで発表した。対象年齢は小学校3年生からで、発明家のおじいちゃんが2人の孫に江戸時代の暮らしを説明する内容。おじいちゃんはたばこ好きの設定で、喫煙したまま孫たちと同席する場面が何度も描かれている。喫煙に反対する団体などから「たばこを礼賛している」「たばこ規制枠組み条約に違反する」といった指摘があり、同社は販売中止を決定した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091229-00000086-yom-soci

たばこの是非は置いておこう。それでも、日本には表現の自由があったはずだ。

なおかつ、これはただの本なんだから、嫌ならば買わない、読まないという選択肢がある。いやおうなく見せられてしまうものではなく、保護者の判断で購入を踏みとどまれるものだ。

にもかかわらず、販売中止になるというのは、相当のことだと思うのだけど、日本ペンクラブなどは何か声明を出さないのかなあ?

チケット制のオンライン英会話ならPEN