民主党がようやく成長戦略を策定する。
成長戦略、年内にも策定=雇用・環境・子どもが柱-政府

政府は8日、内需拡大と新産業育成による景気浮揚を目指し、中長期の経済成長戦略を年内にも策定する方針を決めた。「雇用」「環境」「子ども」を3本柱とし、関係閣僚による閣僚委員会を今月中に設置、本格的な検討に着手する。菅直人副総理兼国家戦略担当相が同日、都内で記者団に明らかにした。
 「雇用」と「環境」に関しては、既に政府の緊急対策本部や検討チームが動きだしている。成長戦略には、それぞれ介護や農林業分野などでの新規雇用創出や、太陽光パネルの普及、環境分野での新産業育成などが盛り込まれる見通しだ。
 「子ども」分野について、菅氏は「短期間に全国で保育所の待機児童がなくなるような政策を打ち立てていきたい」と語り、民主党が掲げる子ども手当に加えて、子どもを持つ女性の就労を支援する仕組みの必要性を強調。「小中学校の空き教室など、保育園、幼稚園が一緒になって活用できる枠組みが必要ではないか」と述べ、「幼保一元化」の検討にも意欲を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091108-00000046-jij-pol 


民主党がようやく成長戦略を策定するらしい。これまで民主党には経済政策・成長戦略がないということを指摘してきたが、ここへきて、ようやく成長戦略を策定するそうだ。

で、この報道で中身を見てみようと思ったのだが・・・・・

ごめんなさい。私は相当に頭が悪いようです。私の頭では全然わかりません。

私は頭が悪いものだから、成長戦略というのは経済のパイを拡大すること、つまり、経済成長を目指すことだと思い込んでいました。しかし、ここにある民主党の成長戦略はあいかわらず「失業者の農業・介護分野への吸収」「CO2 25%実現」「子ども手当てと待機児童の解消」だそうだ。

本当にごめんなさい。私には全然わかりません。まるで、ラテン語を読んでいるようで、一つづつ辞書を引いても、文法さえ理解できません。

GDPを拡大させずに、失業者を「劣悪・低賃金」の農業・介護分野へ吸収することがどうやったら経済成長へ結びつくのですか?太陽光パネルの促進は、まあ、経済成長といえるでしょう、で、CO2削減のための国民負担は経済を成長させますか?そして、子ども手当ては消費に回らないという調査結果も出ていましたが、何をどうやって消費拡大(経済成長)を実現させるのですか?

本当に、わかりません。ごめんなさい。

経済学なんてかじったせいだと思います。おかげで、民主党の成長戦略が全然わかりません。もっと素直に「子ども手当てで内需拡大」とか「円高で内需拡大」とかいう主張を真に受けてられる性分だったらどんなに楽だったことか。

誰か、ちゃんと民主党の経済政策を批判できる「偉い人」はいないのですか?もしこれで、日本の不況が長期化したり悪化したら、日本の全ての経済学者は無条件で解雇すべきだと思います。だって、一番大事なときに何もしない・できないのであれば不要でしょ。


チケット制のオンライン英会話ならPEN