新型インフルエンザで学校・学年・学級閉鎖が相次いでいる。

<新型インフル>34の小中高休校 学年・学級閉鎖341校
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000126-mai-soci

多くの学校で新学期が始まった1日、新型インフルエンザの影響で、全国の小中高校と特別支援学校のうち34校が休校、延べ341校が学年・学級閉鎖していることが、毎日新聞の調査で分かった。厚生労働省の8月16~22日の集計では、休校と閉鎖は計77校で、一気に増加した。夏休み中の学校行事などで感染した疑いがある児童・生徒も7000人近く報告されており、新学期前から感染が広がり始めていたことも判明した。


一般のインフルエンザは冬に流行するのが常だったが、新型インフルエンザはゴールデンウィークに大きな流行があり、そしてまた、夏休み明けの今になって大きく流行している。

これはウイルスが一般のインフルエンザよりも強いということだろうか?日本ではすでに8人もがなくなっているわけで、これからますます気をつけなくてはいけない。

チケット制のオンライン英会話ならPEN