英独仏の首脳はG20へ向け「経済危機終わらず」との共同声明を発表した。
「危機終わらず」と共同声明 G20に向け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090904-00000000-mai-bus_all

英国とドイツ、フランスの首脳は3日、24日からピッツバーグで開かれる主要20カ国・地域(G20)金融サミット(首脳会合)に向け、共同声明を発表した。世界経済について、「危機は終わっていない」と表明。金融機関の巨額報酬の抑制をめぐっては、制裁措置が必要とした。

一方で、G20では景気回復を見極め、緊急時の金融・経済政策から平時への状況へ戻す「出口戦略」を議論するとも伝えられている。
<G20>4日開幕 景気回復見極め…「出口戦略」焦点に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090903-00000123-mai-bus_all

マイナス成長からの底打ちが明確になってきた世界経済の現状や、緊急時の金融・経済政策から平時の状況に戻す「出口戦略」を議論する。

つまりは、G20では出口戦略が議論となるものの、英・独・仏の首脳は、経済危機は終わっていないとのスタンスで臨むとの意味と考えられる。

実際、現在回復したかに見える経済は、各国の緊急経済対策による一時的なものだろう。ここで気を緩めれば、今の不況が抜け出せない長期不況へと陥る可能性の方が高い。

各国はインフレを恐れず、これまでどおりの経済対策を持続することが望まれる。それどころか、日本は、今のデフレから抜け出すことが先決なのだが。

チケット制のオンライン英会話ならPEN