ニュースブログJAPAN

海外ニュースの紹介と、日本のニュース論評




チケット制のオンライン英会話

政治

参院選 民主党敗北でリフレ政策実現に近づいたか?


7月11日に投開票された第22回参議院選挙では民主党が44議席(改選数54)に留まり、過半数を割った。一方、躍進したのは自民党の改選数38→51、そしてみんなの党の0→10。特に、乱立した新党が総倒れとなる中、みんなの党一党が躍進し、今後の第3極となったことが特徴と言えるだろう。

自民党が消費税の引き上げを公約として掲げていることから、今回の選挙は消費税は争点ではなかったとの声も聞かれるが、菅民主党敗北の最大の原因はやはり消費税増税を打ち出したことにある。

一方、今回大躍進したみんなの党は唯一「増税なしに経済成長を達成する」ことを掲げていた。特に、デフレを克服し、経済成長を達成できるよう日銀法を改正することまで踏み込んだ具体的なリフレ政策を経済学者・高橋洋一をブレーンとして掲げていたことが大きい。

また、民主党内で「デフレから脱却し景気回復を目指す議員連盟」(デフレ議連)を結成し、リフレによるデフレの克服へ向けた政策提言を掲げる各候補も健闘し(例えば金子洋一議員)、増税・歳出削減による財政再建派(たとえば「たちあがれ日本」)が敗北していったことは日本にとって一筋の希望と言えるだろう。

今後、こうしたリフレによる経済成長政策が超党派による協力で実現することを祈る。

【必読】
デフレで日本国民が払った犠牲は一人2500万円 「失われた20年」と「失われた3200兆円」
日本の債務問題はデフレが原因だった 債務問題の国際比較


チケット制のオンライン英会話ならPEN


民主党 谷亮子を擁立!

昨日はたちあがれ日本が中畑清を擁立するという記事を報告したが、今度は民主党が谷亮子を擁立した。
「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明

柔道女子の五輪金メダリストの谷亮子氏(34)は10日、民主党本部で小沢一郎同党幹事長と記者会見し、夏の参院選比例代表に立候補する意向を正式に表明した。

谷氏は「小沢先生には長きにわたって応援していただいている。3月に入って、小沢先生から今度の参院選挙に立候補して国政に携わってみてはといわれ、4月下旬に『やってみよう』という決断をした」と出馬にいたった経緯を説明。「小沢先生の強いリーダーシップのもとで頑張っていきたい」とも述べ、小沢氏との太いパイプを強調した。

政策については「スポーツ振興であったり、スポーツの環境を整えたりすることに携わりたい。子育てしながらいろいろなことにチャレンジしているが、国民の皆様、誰もが望む国づくりをしたい」と抱負を述べた。

また、前回の北京五輪で銅メダルに終わった柔道についても、現役を続行することを表明。「ロンドン五輪で金メダルを狙います」と語ったうえで「地球を覆うほどの愛で頑張りたい」と政治、柔道への両立を強調した。谷氏によると、所属していたトヨタ自動車は3月31日付で退社したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100510-00000587-san-pol
(産経新聞 2010年5月10日)


全く、どの党もタレント擁立しとけば票が入るだろうという考え方が浅ましい。国民をなめてるとしか思えない。ただ、そのなめられてる国民も国民だ。なにしろ、それで実際に票が入ってしまうんだから。

昨日は中畑清が野球選手としては立派かもしれないが、それと政治は全然関係がないということを書いたが、もちろん、谷亮子だって柔道選手としては立派かもしれないが、それと政治は別だ。

4月26日に松野明美さんが熊本市議選挙に当選したが、あれは立派だった。松野さんの場合は具体的な障害者の問題に取り組むために、地域に根付いた市議会から取り組もうとしている。それに対して中畑清、谷亮子、そして桂きん枝も、そうした具体的なものがあるわけでもなく、いきなり国政に携わろうだなんて。

本当、国民をなめている政党と、にもかかわらずそれらの候補(政党)へ投票する国民。

これが日本国の民度ってもんなのかねえ?

【関連記事】「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明
民主、参院選比例で桂きん枝氏を擁立へ
巨人元内野手の中畑清氏擁立へ たちあがれ日本



たちあがれ日本 中畑清氏擁立!

たちあがれ日本が比例代表に元プロ野球選手中畑清氏を擁立することが明らかになった。
中畑清氏出馬!たちあがれ日本が比例代表で擁立
たちあがれ日本(平沼赳夫代表)が今夏の参院選で、プロ野球・巨人で活躍した中畑清氏(56)を比例代表で擁立することが8日、明らかになった。中畑氏はこの日、スポーツ報知の取材に対し、同党から要請を受けていることを認めた上で、「どのタイミングで発表しようかと考えていた。受諾する方向です」と出馬を認めた。たちあがれ日本は週明けにも正式発表する予定だ。

中畑氏は1976年にドラフト3位で駒大から巨人に入団。3年目にレギュラーを獲得した。王貞治・現ソフトバンク会長の引退後は、主力選手としてチームを引っ張り、決めぜりふの「絶好調~」で人気をつかんだ。プレー以外でも奔走し、85年には日本プロ野球選手会の初代会長を務めた。89年、3連敗4連勝で近鉄を下した日本シリーズを最後に現役を退いた。

引退後の93年、長嶋茂雄監督の下で巨人打撃コーチに就任。04年のアテネ五輪では病に倒れた長嶋監督に代わって、日本代表を率いた。巨人OBでは堀内恒夫前巨人監督が比例代表で、石井浩郎氏が秋田選挙区で、ともに自民党から出馬することが決まっている。(スポーツ報知 2010年5月9日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100509-00000051-sph-soci

わざわざ自民党を割って出たたちあがれ日本が、政治家でも経済学者でもなんでもないスポーツ選手中畑清氏を擁立するとは終わってる。別に、経済再建にも日本の再生にも何にも関係ないやん。唯の人寄せパンダ?

いくらこのままだと参議院選挙で得票が期待できないからって、仮に当選しても日本再生のために何の仕事も期待できないスポーツ選手を、人気取りのためだけに立候補させるという感覚・戦略こそが日本の政治をダメにした一因だと思うよ。

もう、たちあがれ日本には何も期待しないから、みんな引退(勇退)していただいて結構です。



普天間問題と子ども手当と

鳩山首相は普天間基地移設問題の5月決着をとうとう断念したのだとか

<普天間移設>政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否
鳩山由紀夫首相は7日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、鹿児島県・徳之島の伊仙、天城、徳之島の3町長らと首相官邸で初めて会談した。首相は「普天間の機能の一部をお引き受けいただければ、大変ありがたい」と要請。ヘリ部隊移転が困難な場合、訓練移転だけでも受け入れるよう求めたが、3町長は交渉の継続も含めて拒否した。沖縄に続き地元自治体との交渉は暗礁に乗り上げた。政府は「5月末の完全決着」を断念する方針で、代わりに政府の考え方を閣議決定することなどを検討しているが、野党各党は首相の責任追及を強めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000010-mai-pol


そもそも普天間基地問題は自民党政権時代にアメリカとの話し合いが付いており、とっくに終了したはずの問題だった。それをわざわざ蒸し返して、できもしないことを約束し、アメリカとのまともな話し合いさえできず、勝手に「5月までに決着」とか自分から期限を切っておいて、そしてここへ来て5月決着は断念って・・・・

誰にも邪魔されてないのに、勝手に迷走し、勝手に滅んでいく民主党。もう、見ているのも痛いいたしい。そもそも政治家の約束なんてあてにならないってことは常識だけど、だからと言って、ここまでコロコロ言うことが変わり、なおかつ全然約束を守らないのが現政権って、こんな政権よく選んだな。日本人。

子ども手当は1万3000円以上 民主、満額は見送り
参院選マニフェスト(政権公約)を検討する民主党の国民生活研究会は7日、平成23年度以降の子ども手当について、衆院選マニフェストに掲げた満額支給(月額2万6千円)は見送り、現行の月額1万3千円から増額するにとどめる報告をまとめた。積み増し額は上部機関のマニフェスト企画委員会が検討する。衆院選マニフェストで23年度から上乗せするとしていた月額1万3千円分の財源のうち、積み増しに充てない分は待機児童解消など保育関連の事業費に転用する。

 一方、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与と民法改正による選択的夫婦別姓の導入は、衆院選マニフェストと同様、参院選マニフェストにも明記しないことを決めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000058-san-pol


さらには、衆院選挙のマニフェストの目玉だったはずの子ども手当。これも実施までに迷走を極めたが、月額2万6千円の満額支給は見送ることにしたそうだ。子ども手当については個人的に反対だから、むしろ撤廃した方がよいとは思うが、政権として約束したことを、これもまた勝手に断念するというのは全く持って無責任な話だ。これだって、別に誰かから反対されたり、妨害されたことが原因ではなくて、なんてことはない「財源不足」が主因なわけで、そもそも財源がないことくらいは最初からわかっていた話だ。

ありもしない財源を「ある」と嘘をつき、そして蓋を開けてみたら、やっぱりなかったものだから、「できません」じゃあ話にならない。そんな、誰が考えてもわかることがわからないような人たちが日本の一番大事な決定権を握ってるんだ。

たいした失敗のなかった麻生政権を「漢字が読めない」だの「カップラーメンの値段を知らない」だの散々叩いて、こんな政権を成立させたマスコミは、どう責任とるんだろうね?



研究職の妻がアシスタント 理化学研究所

事業仕分けでは理化学研究所の研究職の妻がアシスタントをしているとして問題化されました。
事業仕分け第2弾「意味不明だ」理研の不透明体質にメス
独立行政法人(独法)を対象にした「事業仕分け第2弾」の2日目となる26日。天下り企業の“丸抱え”や入札参加企業が1社だけの1社応札が問題となった「理化学研究所」(理研、埼玉県和光市)の不透明な体質に切り込み、結果、「事業縮減」を突きつけた。仕分けの中では、理研職員が妻をアシスタントにして、月給約50万円を理研が支払っていることが明らかになり、仕分け人側からは「お手盛りではないか」と厳しい追及があった。「全部言い訳ばかり。多額の税金を使っているという意識がなく、ガバナンス(管理)をお任せできない」。あいまいな説明を繰り返す理研側に対し、枝野幸男行政刷新担当相はこう声を荒らげた。(中略)一方で、研究職職員のアシスタント97人のうち、6人が研究職の配偶者を採用していることが指摘された。その中には、研究職の妻が週30時間勤務で、年収600万円を受給していたケースもあった。理研側はアシスタントの採用について、「複数の人間が選んでいる」と述べたが、仕分け人側から採用基準を明確にするように要望が出された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000544-san-pol

理化学研究所の研究アシスタント97人のうち、6人が研究者の配偶者であったことが判明し、問題化されたようです。でも、普通に考えて、これは研究者と研究助手(アシスタント)が結婚したという社内結婚に過ぎないのではないでしょうか?実のところ、この6人のうち、結婚後に採用されたのはたったの2人、他の4人は結婚前からアシスタントとして働いていたそうです・・・・何か問題でも?

そもそも理系の研究者というのは、学生時代から研究に没頭し、異性との出会いの機会さえ犠牲にしてきた優秀な人たちです。そうやって博士課程まで進んだような人しか理化学研究所には入れません。そうして、やっと出会えた女性が研究助手(アシスタント)。これのどこが仕分けの対象になるのでしょう?

一方、この問題を追及している議員ですが、平成14年の資料では国会議員のうち147人が身内を秘書にしていました。そして今回の理化学研究所の件を問題化した枝野議員自身の第一秘書は自分の妹 (平成14年時点)で、現在は衆議院秘書協議会の民主党事務局長をしています。

全く、何を考えているのでしょうね?民主党は。信じられないことが進行しています。



記事検索
プロフィール

newsblogjapan

最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ