消費者金融の大手アイフルが事業再生ADR手続きを申請する。
アイフル、事業再生ADR手続きを申請へ

アイフル<8515.T>は18日、「産業活力再生特別措置法所定の特定認証紛争解決手続」(事業再生ADR手続)を申請すると発表した。事業再生実務家協会より仮受理されているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090918-00000617-reu-bus_all

消費者金融大手のアイフルが事業再生ADRを申請する。事業再生ADRとは事業の私的整理と法的整理の中間のようなもので、2007年度から施行された事業再生の方法である。

ADRは、裁判外紛争解決手続き(Alternative Dispute Resolution )の略称で、訴訟や法的倒産手続のように、裁判所による強制力を持った紛争解決の手続きを利用することなく、当事者間の話し合いをベースとして、紛争を解決しようとする手続きの総称である。

アイフルの事業再生ADR申請は消費者金融業の置かれた厳しい環境を示している。改正貸金業法の施行により、上限金利制限と貸し金額の総量規制が行われることが、消費者金融業にとっては事業継続と利益の源泉確保を難しくする要因である。

一方、アイフルのような大手の消費者金融業がなくなることは、借り手にとっても決して喜ばしいことではない。貸し手が少なくなる一方で、昨今の不況を背景とし、借り手の資金需要はむしろ拡大している。そうした中、台頭してくるのが、法外な利息を請求してくる闇金である。アイフルのような表の金融から借りられなくなったことにより、裏の闇金へ走る消費者が激増し、状況をむしろ悪化させる恐れがあるのだ。

このあたりの経緯については以下の記事が詳しい。

【経済深層】ヤミ化する金融業者、“融資難民”も続出 改正貸金業法の衝撃
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090912/fnc0909120801000-n1.htm

チケット制のオンライン英会話ならPEN