ニュースブログJAPAN

海外ニュースの紹介と、日本のニュース論評




チケット制のオンライン英会話

環境保護

シーシェパード支援者リスト(芸能人)


シーシェパードの日本船との衝突動画は日本側のものを「シー・シェパードと日本船 衝突の瞬間(動画)」、シーシェパード側のものを「シー・シェパードと捕鯨船 衝突の瞬間動画」に掲載した。

さて、今日は芸能人がシーシェパードを支援している件についてだが、以下のような著名人がシーシェパードを支援しているとのことだ。

シーシェパード支援者リスト(芸能人)

ショーン・ペン(Sean Penn)俳優・映画監督
ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)女優
マーティン・シーン(Martin Sheen)俳優
ピアース・ブロスナン(Pierce Brosnan)俳優
ダリル・ハンナ(Darryl Hannah)女優
リチャード・ディーン・アンダーソン(Richard Dean Anderson)俳優
ミック・ジャガー(Mick Jagger)ローリング・ストーンズ・歌手
アンソニー・キーディス(Anthony Kiedis)レッド・ホット・チリ・ペッパーズ・歌手
ケリー・スレーター(Kelly Slater)プロサーファー
クリスチャン・ベイル(Christian Bale)俳優
エドワード・ノートン(Edward Norton)俳優
ボブ・バーカー(Bob Barker)テレビ司会者
アディ・ギル(Ady Gil)ハリウッド・実業家

なぜこれらの芸能人がシーシェパードを支援するかというと、芸能人とシーシェパードそれぞれの利害関係の一致があるからだと考える。さらには、芸能人だけでなく、外国政府とシーシェパードの間にも利害関係の一致がある。

外国政府の利益:反日カードが増える
芸能人の利益:名前が売れて、環境派とのイメージがつく
シーシェパードの利益:知名度が上がることで資金がどんどん集まる

外国政府にとってはどんなものであれ、反日カードが増えることはメリットだ。あらゆる外交交渉の舞台で、いつでも反日カードの一つとして切れるようになる。次に、芸能人にとっては、名前が売れて、環境派とのイメージがつくことは、そもそもがイメージ商売の芸能人にとって都合が良い。そしてシーシェパードにしてみれば、それでシーシェパードの知名度が上がり、どんどん資金が集まるのだから、これは良い商売だ。1億8000万円もするボートをポンと購入できるし、それが壊れたら簡単に放棄できるほどの資金力がある。今回の日本船との衝突で、シーシェパードには失ったボートよりもずっと大きな資金が流れ込むことになるだろう。

つまり問題は「捕鯨」とか「反捕鯨」とかいう次元の話ではなく、あくまでも政治家・芸能人、そしてシーシェパードの結託したそれぞれの利益追求に過ぎないのだ。そして、彼らの上げる利益の源泉は日本人民が支払っていることになる。なぜなら、政治舞台で不利な立場に追い込まれ、反環境保護的との悪いレッテルを貼られ、なおかつ捕鯨活動を妨害されているのだから。

というのが、シーシェパードの反捕鯨活動に関する大きな図式なのではないかと思うのだ。

チケット制のオンライン英会話ならPEN


シーシェパードと捕鯨船 衝突の瞬間動画(シーシェパード撮影)


南極海で、日本の調査捕鯨船と米環境保護団体「シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)」の超高速抗議船「アディ・ギル(Ady Gil)」号が衝突した問題で、日本側と米環境保護団体側の主張が食い違い、各国政府も抗議・調査などの行動を開始、国際問題にさえ発展しそうな様相を見せてきた。

【シドニー時事】米反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の妨害船「アディ・ギル号」が南極海で日本の調査船と衝突し大破した出来事により、オーストラリアで反捕鯨世論が一段と強まる恐れが指摘されている。豪州ではSS寄りの報道が目立つ中、豪政府は7日、衝突状況などについて調査する方針を明らかにした。
全国紙のオーストラリアンは、豪海軍の保護を求めているというSSの主張を中心に報道。シドニー・モーニング・ヘラルド紙は、東京発の記事で日本側の説明も掲載し中立的な扱いだが、大衆紙のデーリー・テレグラフは「戦争だ」とあおった。豪野党などからは、状況監視のため政府の船を派遣すべきだとの声も上がっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100107-00000093-jij-int

シー・シェパードと日本船 衝突の瞬間(動画)」では日本船から撮影された動画を掲載したが、今回は、逆にシーシェパードの側から撮影された動画を掲載する。

シーシェパードと日本船 衝突の瞬間(シーシェパード撮影)


それにしても、シーシェパードは「日本船は救助さえしなかった」とも主張していたが、そもそもシーシェパードの母船がすぐ近くにいて、ビデオ撮影さえしてるじゃん。

あと、この動画がアップされているYoutubeでは日本人に対して「Jap」「Jap」と侮蔑表現を用いた書き込みで溢れ、この問題の背景に日本人へ対する強い差別感情があることが伺える。



シー・シェパードと日本船 衝突の瞬間(動画)


南極海で日本の調査捕鯨船に対する妨害活動を展開している米環境保護団体「シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)」がこのほど新たに導入した未来型の超高速抗議船「アディ・ギル(Ady Gil)」号が6日、捕鯨船団の1隻と衝突し、真っ二つになって沈没した。

シー・シェパードは声明で、「(日本の)第2昭南丸が突然エンジンを起動させ、故意にアディ・ギル号に激突してきた。船首の8フィート(約2.4メートル)が完全にちぎれた」と主張。「いわれのない」攻撃の一部始終は、ビデオ録画してあるとしている。

さて、この衝突の瞬間を収めたビデオが(財)日本鯨類研究所により提供され、Youtubeに公開された。以下である



まあ、筆者には詳しいことはわからないが、日本船は警告音も発している上、そもそも日本船の妨害を行っていたのはシー・シェパード。小型の超高速船なのだから、いつだって衝突を避けられただろうにと思う。



記事検索
livedoor プロフィール
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ